社長就任のごあいさつ

~私たちはガスセンシング技術とサービスで

世界中の安全・安心・快適な環境創りに挑戦します~

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

このたび、天本太郎の後任としてフィガロ技研株式会社の代表取締役社長に就任することとなりました宇高利浩です。

当社は1969年世界で初めて半導体式ガスセンサの量産化に成功して以来、ガスセンサ専業メーカーとして半世紀以上にわたり世界中に三億個以上のガスセンサを供給してきました。

社名の由来であるロッシーニの歌劇 "セビリアの理髪師" の主人公 "フィガロ" の何にでも挑戦する「バイタリティとチャレンジ精神」は、現在も当社の企業文化として息づき、全社員が自由闊達な発想と行動力を持って常に技術革新と市場創出を探求し続けています。

私たちの使命は、ガスセンシングを通じて人々の安全・安心・快適な生活に貢献することです。そして、IoTやAIの進化に伴い新たな産業革命が進行する中、センサが果たす役割は増々重要になっています。当社の製品とサービスが常に選ばれる存在となり、お客様自身の企業価値を向上させる製品開発に繋がることを喜びとして、社業発展に邁進して行く所存です。

今後とも皆様のご愛顧とご指導を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 宇高 利浩の写真
代表取締役社長 宇高 利浩