室内空間技術展に室内空気質センサ等を出展いたします/ガスセンサのリーディングカンパニーフィガロ技研

ニュース

室内空間技術展に室内空気質センサ等を出展いたします

無題.png

フィガロ技研株式会社は、4月17日(金)10:30~17:00(一社)大阪産業創造館で開催される「【室内空間技術展】新空間を提案!」に出展いたします。

「室内空間技術展」は公共施設や商業施設、一般住宅などに、安心・安全・快適という価値を作り出すイベントです。
 空間除菌技術や、調音・遮音効果のある壁材、
 子どもに安心な防汚塗料、シックハウス対策に有効な竹炭建材など、
 安心・安全な技術、建材が多数出展。

 
弊社は室内のニオイ・VOC・CO2をセンシングする
室内の空気やCO2、VOC、ニオイを計測するガスセンサやセンサモジュールや計測器の展示を行います。

<出展予定製品>
・従来品よりも飛躍的に小サイズ化、低消費電力化した 半導体式MEMSタイプ空気質ガスセンサ(TGS8100)およびデモ器キット
   MEMSタイプガスセンサ(TGS8100)は、2014年10月にリリースしたばかりの画期的なガスセンサです。
   驚異的な小型化、低消費電力化に成功し、今まで搭載出来なかったモバイル端末やウェアラブルデバイス等にも
   現実的になるガスセンサになります。
   是非この機会に、実物をご確認ください。
・光学式の原理を用いた世界最小クラスのサイズおよび低消費電力化した高精度なNDIRタイプCO2ガスセンサモジュール(CDM7160)
   ビル衛生管理法では居室のCO2の濃度は1000ppm以下に抑えるように空気を浄化することが規定されており、
   CO2濃度は換気の指標とされております。CO2濃度を連続的にモニターできるCO2ガスセンサが
   小型化、低消費電力化に成功し、今まで搭載出来なかったモバイル端末やウェアラブルデバイス等にも
   現実的になるガスセンサになります。
   是非この機会に、実物をご確認ください。
・シックハウスなどの化学物質の室内環境測定用VOC測定器、パーソナルTVCOモニタ(FTVR-01)VCO成分濃度モニタ(FTVR-06)
・慶應義塾大学筧康明准教授(http://www.xlab.sfc.keio.ac.jp/)をはじめとしたアートユニットplaplaxの、
   香りをテーマにした個展「ハナハナのハナ~香りのカタチ~」の動画も放映致します。
   (半導体式ガスセンサを用いてにおいの視覚化を試みたプロジェクトで、デザイン性に長けた
   「香り」の空間を体感出来たとのお声をいただいております)


ガスセンサをまだ取り扱ったことがない技術者の方も、是非お立ち寄りください。 新たな機能や製品開発のアイデアになるかもしれません。


-------------------------------------------------------
<室内空間技術展 概要>

対象
 デベロッパー、ゼネコン、商業施設・オフィスビル開発担当者、
 住宅メーカー、建築設計事務所、建材メーカーなど、
 本分野に関係のある企業

開催日時
 2015年4月17日(金)10:30~17:00 ※入退場自由・要予約

開催場所
 大阪産業創造館4F イベントホール

料金
 無料 
申込み :大阪産業創造館のホームページから事前予約ください
     http://mg.sansokan.jp/r/c.do?oOe_1zuJn_17I_hmp

-------------------------------------------------------

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。