ドイツ製超薄型スマートホーム向けマルチセンサシステムにCO2センサモジュールCDM7160が採用されました。/ガスセンサのリーディングカンパニーフィガロ技研

ニュース

ドイツ製超薄型スマートホーム向けマルチセンサシステムにCO2センサモジュールCDM7160が採用されました。


ドイツのPerfactory Sensorsystems社 (http://www.perfactory.de/) は当社製CO2センサモジュールCDM7160を採用した埋め込み型スマートホーム向けマルチセンサシステム「VoCup」の発売を開始しました。VoCup1.png

「VoCup」 は、殆どの55mm角スイッチユニットに適合するスタイリッシュで洗練されたデザインで、CO2センサを含め、温度センサ、湿度センサなど6種類までのセンサを登載できます。

世界最小レベルのCO2センサCDM7160は、このような薄型の製品への組込みに最適です。

Perfactory Sensorsystems社は同時に、壁掛け式スマートホーム向けマルチセンサシステム「VoCap」と、空気の汚れを制御するHVAC(暖房、換気、空調システム)ダクト用マルチセンサ「VoCan」も発売しました。これらの製品にもCDM7160が登載されています。

3er_Set.png

VoCup-Montage3.png

VoCap-Wohnzimmermontage.png









この商品の詳しい情報のついては
Perfactory Brochure ISH 2017 HR.PDF
で紹介しています。


この商品に関するお問い合わせはこちら
mail@perfactory.dePerfactory
Sensorsystems
Friedrich-Ludwig-Jahn-Str. 21
64331 Weiterstadt
Germany