環境への取り組み/ガスセンサのリーディングカンパニーフィガロ技研

環境への取り組み

当社では、さまざまな手法と評価基準を組み合わせ、自社から発生する環境負荷の改善に継続的に取り組んでいます。

環境方針

フィガロ技研は、ガスセンシングを通じて安全・安心そして快適を提供したいと願っています。 我々は事業活動と環境との関係を強く意識し、内にあっては環境に配慮した改善活動を粘り強く行い、外に対しては環境に貢献できる製品を創造します。

  1. 1小型・省電力で環境に貢献できる製品の開発
  2. 2環境に配慮した無駄のない生産
  3. 3環境関連法規などの順守並びに汚染の予防
  4. 4全従業員への教育・啓発
  5. 5環境方針の外部への開示

上記のことがらをフィガロ技研環境方針とし、社内はもとより社外に広く公開し、理解を得るとともに協力を求めています。

製品での取り組み

ガスセンサは、埋設されたヒーターを発熱させてガスを感知する触媒の反応を促す必要があり、そこに電力消費が生まれます。フィガロ技研で、省電力なセンサの開発に注力する一方、センサの小型化や低温でも反応する触媒技術を開発しています。(省エネ・小型化の推進)

事務所での取り組み

2006年にISO14001を取得し、環境負荷低減のための仕組みの構築およびスタッフ一人ひとりの意識定着を図ってきました。
現在ではISO14001に準拠した自主管理を実施し、継続的な改善に取り組んでいます。