会社概要/ガスセンサのリーディングカンパニーフィガロ技研

会社概要

会社案内

フィガロ技研は、半導体式ガスセンサを世界にさきがけて開発し、以来45年以上にわたり、半導体式ガスセンサをはじめとした各種ガスセンサの研究開発、応用商品の開発・普及に努力している会社です。

設立年月日 1969年10月18日
資本金 払込資本 9,900万円
事業目的 ・ガスセンサの研究開発および製造販売
・ガスセンサの応用商品の開発および製造販売
本社 〒562-8505 大阪府箕面市船場西1丁目5番11号  地図
TEL. 072-728-2560 / FAX. 072-728-0467
E-mail: figaro@figaro.co.jp
従業員数 190名
供給能力 2,000,000個 / 月

沿革

1962年      弊社元会長田口尚義個人経営によるフィガロ技研を設立、半導体ガスセンサの研究開発に着手
1968年10月 半導体ガスセンサ”TGS”の量産販売開始
1969年10月 前記フィガロ技研をフィガロ技研株式会社(資本金、授権資本400万円、払込資本100万円)に改組
1978年07月 資本金、授権資本6、400万円、払込資本4、800万円に増額
1680年04月 「半導体ガスセンサの開発」の業績に対し、社団法人電気化学協会棚橋賞受賞
1980年06月 アメリカ、ウィルメットにフィガロ北米事務所を開設
1983年01月 フィガロ北米事務所をFIGARO USA,INC.に改組
1986年02月 (株)トクヤマと資本、経営参加による事業提携
1986年04月 「SnO2焼結半導体ガスセンサの開発と工業化」に対し、社団法人日本化学会化学技術賞を受賞
1986年05月 奈良県桜井市に合弁会社(理研フィガロ株式会社)を設立
1990年02月 中国天津に合弁会社(天津費加羅電子有限公司)を設立
1996年12月 ISO9001認証取得
2004年01月 中国上海に合弁会社(上海松江費加羅電子有限公司)を設立
2004年10月 ISO14001 認証取得
2007年07月 資本金、払込資本9,900万円に増額
2010年06月 「業務用換気警報器(COガス警報器)の開発」に対し、社団法人日本ガス協会技術大賞受賞
2011年04月 理研フィガロ株式会社を吸収合併
2012年10月 ISO14001から自社の環境マネジメントシステムに切り替え
2014年12月 中国上海に現地販売法人(費加羅傳感科技(上海)有限公司 )を設立
2015年01月 米国ファーストアラート社より2014年の年間最優秀サプライヤー賞を受賞
2016年07月 新コスモス電機株式会社の当社株式取得による経営参加